Usee需要予測ソリューション利用規約 

最終更新日:2021年7月16日

 この規約(以下「本規約」といいます。)は、FPTソフトウェアジャパン株式会社(以下「FSJ」といいます。)が提供するUseeの製品・サービス(以下「本サービス」といいます。)の利用に関して、本サービスを利用するお客様(以下「利用者」といいます。)に同意していただく必要のある事柄を記載しています。

  目次

1.定義

2.規約への同意

3.規約の変更

4.サービス登録

5.登録情報及び認証情報の管理

6.禁止事項

7.FSJの責任

8.利用者の責任​

9.サービス提供の停止

10.プライバシー

11.知的財産権その他

12.保証の否認

13.反社会的勢力の排除

14.利用料金

15.準拠法、管轄裁判所

16.協議解決

 

1.定義

 本規約では、以下の用語を使用します。 

  1. Usee:データセントリックの予測モデル探検方法から作られた将来予測ソリューションです。Useeには、利用者のデータに限らず、外部データと自動的に連携を行う事も可能です。集めたあらゆるデータから予測予想に活用できる特徴を抽出し、多くの予測手法試験により適切な予測モデルを構築することができます。

  2. FSJ:FPTソフトウェアジャパン株式会社(Useeの権利保有者)

  3. 利用者:Useeプラットフォーム使用を希望する企業

  4. アカウント:本サービスを利用する個人(社員)のアカウント

  5. 利用契約:Usee使用開始するためFSJと利用者は締結する契約

 

2.規約への同意

  1. 利用者は、本規約の定めに従って本サービスを利用しなければなりません。利用者は、本規約に同意をしない限り本サービスを利用できません。

  2. 本サービスにおいて個別利用条件がある場合、利用者は、本規約のほか個別利用条件の定めにも従って本サービスを利用しなければなりません。

 
 

3.規約の変更

 FSJは、FSJが必要と判断する場合、本サービスの目的の範囲内で、本規約を変更することができます。その場合、FSJは、変更後の本規約の内容および効力発生日を、FSJが定める方法により利用者に通知することで利用者に周知します。変更後の本規約は、効力発生日から効力を生じるものとします。

 

4.サービス登録

  1. 本サービス登録方法は以下の通りとし、利用者はいずれかの方法で登録を行います。

  2. 利用者は、本サービスの登録・利用にあたっては、下記の事項を遵守することとします。

    • 利用者たる企業のアカウントについて、当該組織の社員を追加することができる。なお、追加人数に制限はありません。

5.登録情報及び認証情報の管理

  1. 本サービスの利用に際して、情報を登録のうえ、アカウントの作成をする必要があります。利用者は、真実、正確かつ完全な情報を登録しなければならず、常に最新の情報となるよう修正しなければなりません。

  2. 利用者は、本サービスの利用に際して認証情報を登録・変更する場合、これを不正に利用されないようご自身の責任で厳重に管理しなければなりません。FSJは、登録された認証情報を利用して行われた一切の行為を、利用者ご本人の行為とみなすことができます。

  3. 登録情報又は認証情報の管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任は利用者が負うものとし、FSJは一切の責任を負いません。

  4. 利用者は、登録情報又は認証情報が盗用され又は第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちにその旨をFSJに通知するとともに、FSJからの指示に従うものとします。

 

6.禁止事項

 利用者は、本サービスの利用にあたり、自ら又は第三者をして以下の各号のいずれかに該当する行為をしてはなりません。

  1. 法令、裁判所の判決、決定若しくは命令、又は法令上拘束力のある行政措置に違反する行為及びこれらを助長する行為又はそのおそれのある行為

  2. FSJ又は他の利用者その他の第三者に対する詐欺又は脅迫行為

  3. 公序良俗に反し又は善良な風俗を害するおそれのある行為

  4. FSJ又は他の利用者その他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシー、名誉、その他の権利又は利益を侵害する行為又はそのおそれのある行為

  5. 本サービス又はFSJの業務を妨害することを目的に本サービスのネットワーク又はシステム等に過度な負荷をかける行為

  6. 本サービスのサーバ等のアクセス制御機能を解除又は回避するための情報、機器、ソフトウェア等を流通させる行為

  7. FSJ又は他の利用者その他の第三者に成りすます行為

  8. 他の利用者のアカウントを利用する行為

  9. FSJが事前に許諾しない本サービス上での宣伝、広告、勧誘、又は営業行為

  10. 不当な目的または態様でのリバースエンジニアリング、逆アセンブルを行う行為、その他の方法でソースコードを解読する行為

  11. 反社会的勢力等への利益供与行為

  12. 前各号の行為を直接又は間接に惹起し、又は容易にする行為

  13. その他、FSJが不適切と判断する行為

 

7.FSJの責任

  1. FSJは、Usee sla に定めている内容と、FPTソフトウェアジャパン株式会社の公式ウェブサイトで公開した「セキュリティポリシー」に基づき、Useeを利用者が使用可能なことを保証する。Usee slaの項目に含めていないことは保証しません。

  2. FSJは、利用者が本来の使用目的以外の目的で使用する場合や法律、本サービス利用契約での記載条件に違反する場合、責任は一切負わないものとします。

  3. FSJ は、以下のメールアドレスにて利用者からのサポート依頼を受け付けることとします。また、サポート依頼の送達後2時間以内に、利用者へサポートを行うものとします。

    • サポートに時間帯:営業している月曜から金曜、9時00分-18時00分 日本時間

    • メールアドレス:info@usee.ai

 

8.利用者の責任

  1. 本サービス利用契約に定める、Useeの製品・サービス利用に関連する法的要件事項を遵守します。

  2. 本サービス利用契約に定める事項以外、いずれの形式でもサブライセンス、譲渡、抵当、販売などの行為をせず、又はUseeの運用や本サービス利用契約で付与されるUseeの権利を侵害しないものとします。

  3. FSJがUseeの利用者に対して遅くとも1か月前に通知を行ったうえで、次のような変更を行う権利があることに同意します。

    • 商品・サービスを提供しない又は提供中止

    • メンテナンス関連の提供されているサービスの変更

    • 利用者に対するより良い製品・サービス提供のために、製品・サービスの性能、仕様、機能、発行日、一般的な可用性、又はその他特徴の変更

  4. 前項の規定にかかわらず、緊急やむを得ない事情がある場合には、FSJは、本サービス利用契約を即時に変更できるものとし、当該内容を本サービスに関するFSJのウェブサイト上に変更後速やかに告知するものとすることに同意します。

  5. FSJに対して、Useeの利用に必要な範囲で、氏名、住所、メールアドレス、電話番号などの連絡情報を提供します。アカウント又は製品・サービスパッケージの管理権・所有権を譲渡・追加する場合、Useeの管理システムに連絡情報を十分かつ正確に登録、更新します。

  6. 本サービス利用契約に関連して、FSJから受領した情報、パスワードなどのアカウント関連の情報は秘密情報として保持します。また、FSJが提供したアカウントによる不正アクセスやパスワードなどの秘密情報の紛失・盗難・漏洩等のセキュリティ問題が発生したことを知った場合、速やかにFSJが対応することができるようFSJに連絡します。

  7. FSJの商品と本サービスの品質についてメディア、ウェブサイト、フォーラムなどへ掲載・提供する場合、その内容を正当なエビデンスとともに掲載・提供します。正確でない情報、攻撃的な情報や名誉毀損等の悪意ある行動により、FSJに損害を与えた場合、FSJは一方的に契約を終了させることができることに同意します。

  8. 広告のため、利用者はFSJが利用者の名前をメディアにメディア、ウェブサイト、フォーラムなどへ掲載できることに同意します。

  9. 利用者のUseeを活用している業務については、FSJは、利用者の承認を得ることによりメディア、ウェブサイト、フォーラムなどへ掲載できることに同意します。

 

9.サービス提供の停止

 FSJは、利用者が、以下の事由に該当した場合にサービス提供を停止することができます。

  1. 支払期限までにサービス費用を支払わず、かつFSJからの催告後1か月以内に支払いを行わない場合

  2. 本サービス利用契約または利用規約に定められている義務の条項に違反した場合

  3. 不正使用・支払いを逃れるために、正確な個人情報(名前、メールなど)を提供しない場合

  4. 同じアカウントで複数者が利用され、不正な目的でUseeを利用していた場合

 

10.プライバシー

  1. FSJは、利用者のプライバシーを尊重しています。

  2. FSJは、Useeがhttpsや暗号化等の安全な通信方法を利用し、利用者の個人情報と通信データを送信及び保存を行い、国家機関からの要求でない限り、Useeが利用者その他の顧客のデバイスから収集するデータを秘密情報として保持し、利用者の事前承諾を得ることなく、第三者に開示又は漏洩しないものとします。

  3. FSJは、利用者のプライバシー情報と個人情報を、「セキュリティポリシー」に従って適切に取り扱います。

  4. FSJは、利用者から収集した情報を安全に管理するため、セキュリティに最大限の注意を払っています。

 

11.知的財産権その他

  1. 利用者は、UseeはFSJによって開発され、Useeに関連するすべての知的財産権(ソースコード、画像、データ、情報、コンテンツ及び修正、補足、更新を含むが、これらに限定されない)及びガイドライン等のドキュメントはFSJのみが所有すること、いずれの個人、企業もFSJの書面により定められている場合以外、許可なしにコピー、複製、配布をすれば、所有者たるFSJの権利を侵害することに同意するものとします。

  2. Useeを使用すると、利用者は Usee サービスに格納してホストするために利用者が提供するデータの所有者になります。FSJ は利用者のデータを広告主がサポートしているサービスと共有したり、マーケティング研究や広告などの目的にマイニングしたりすることはありません。

  3. 利用者がUseeサービスを利用停止したり、本サービス利用契約の有効期限が切れたりした場合、FSJは、システムからの利用者のデータ削除に関するFSJの基準に従い、利用者のデータを削除します。

 

12.保証の否認

  1. FSJは、本サービス利用契約に定めるほか、利用者によるUseeプラットフォームの使用が中断されないこと、又はエラーが発生しないことや、Useeプラットフォームが利用者の要求に対応すること、ソフトウェア及び/又は資料のすべてのエラーが修正されること、システム全体(インターネット、他の伝送ネットワーク、イントラネット及び利用者のデバイスを含めるが、これらに限定されない)がUseeプラットフォームの動作を確保することを表明、又は保証をしません。

  2. FSJは、Useeが、品質の満足度、特別な利用ニーズ、又は第三者の権利の非侵害など、明示的又は暗示的な条件を問わず、いずれの形式でも保証を行わないものとします。利用者が利用するUseeのプラットフォームは、クラウドサービスとして提供されており、利用者は、Useeプラットフォーム又はUseeプラットフォームから生成された情報が正しいか、利用目的に完全に対応しているか判断する責任を負うものとします。

 

13.反社会的勢力の排除

  1. FSJは、自ら、自らの役員・使用人・従業員等、親会社、子会社、関連会社または再委託先等(以下総称して「対象者」という)が次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、保証するものとします。

    1. 暴力団、暴力団員(暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者を含む。)、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動・政治運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律に基づき処分を受けた団体に属している者またはこれらの者と取引のある者、その他の反社会的勢力(以下「反社会的勢力」という)に該当すると認められること

    2. 反社会的勢力に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められること

    3. 反社会的勢力を不当に利用していると認められること

    4. 対象者が法人の場合、反社会的勢力がその法人の経営を支配し、またはその法人の経営に実質的に関与していると認められること

    5. その他反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有していると認められること

    • (以下、本項第1号から第5号までに該当するものを「反社会的勢力等」と総称します)​

  2. 前項のほか、FSJは、対象者が次の各号に定める行為を行わないことを表明し、保証するものとします。

    1. 自らまたは第三者を利用した、詐術、暴力的行為、脅迫的言辞または法的な責任を超えた不当な要求等の行為

    2. 利用者の業務妨害にあたる行為

    3. 利用者の名誉や信用をき損する、またはそのおそれがある行為

    4. その他前各号に準ずる行為

  3. FSJは、対象者が、反社会的勢力等に該当しないことに関する利用者の調査に協力するものとし、利用者の請求があった場合には、直ちに情報および資料等の開示に応じるものとします。

  4. FSJが前三項のいずれかに違反した場合、利用者は、FSJに対する何らの催告なく本サービス利用契約を解除することができるものとし、FSJは、利用者による解除に何ら異議を申し出ないものとする。また、当該解除により利用者が損害を被った場合には、FSJはこれを賠償するものとします。

  5. 前項による解除により本サービス利用契約が終了した場合、その他対象者が反社会的勢力等に該当することを理由として詐欺・錯誤等に基づき本サービス利用契約が終了した場合には、これによりFSJが損害を被ったとしても、利用者はFSJに対し、これによる一切の損害賠償義務を負わないものとし、FSJは利用者に対し何ら請求を行わないものとします。

 

14.利用料金

 利用者は、本サービス利用契約に定める支払方法に従い、FSJに対し、本サービスの利用料金を支払うものとします。​

15.準拠法、管轄裁判所

 本利用規約の成立、効力、解釈および履行については、日本国法に準拠するものとし、本利用規約に関する紛争の第一審の専属的合意管轄裁判所は東京簡易裁判所または東京地方裁判所とします。

16.協議解決

 FSJ及び利用者は、本規約に定めのない事項又は本規約の解釈に疑義が生じた場合には、互いに信義誠実の原則に従って協議の上速やかに解決を図るものとします。